精神的に満たされる

エッチ友達をゲットしてから業務や毎日の暮らしも満たされています。
エッチ友達をゲットするまでは連日職場と自宅を行き来するだけで何もおもしろくなかったのですが、現在は業務の空き時間に次はどういったエッチをしようかと想像するだけで力がでてきます。
初めてゲットしたエッチ友達とはノーマルなエッチばかりで、スペシャルなことはしていなかったんだけど二人目からはちょっとゆとりができたのか、嗜好を変えてみる様になりました。
サドとマゾにわかれて調教したら夢中になってしまい、様々なツールに金銭を出しています。
本気でやろうとするとかなりかかるんですよ。
サドとマゾにわかれた行為をするとエッチ友達との付き合いもスムーズにゆくのです。
エッチ友達ってわりとグレーな付き合いですよね。
エッチするだけの友人といってもどういう付き合いなのかと。
そこにサドとマゾにわかれるエッチを加えるだけで、はっきりした主従関係ができるので、いっきにコントロールしやすくなるのです。
エッチ友達には甘さと厳しさをうまく提供して気持ちを操作しています。
結構すぐにできるようになったので向いていたんですかね。
エッチ友達は初対面のときから相当変化しました。
僕が命令するとスイッチオンになるように人柄が変化します。
現在はエッチ友達は一人だけですが、あと一人つくろうかなと思ったりしています。

10. 12月 2013 by 中原 光輝
Categories: セフレサイト攻略法 | Leave a comment

セフレを作る男性のルールについて

近頃は恋人がいるというのにセフレを作る男性が増えてきた。
ひとりの女性では満たされないからだろうか。
あるいは恋人とは一緒になるまでエッチは辛抱しようということを決めているので、エッチだけをしてくれる女性がいると思ってセフレを探すのだろうか。
どちらにしてもほとんど道徳心のないイヤらしい男性の我が儘な事である。
いえこうした風潮にあるのも男性だけのことではない。
女性にも恋人がいるというのに性をさらに味わいたいとか、現在の男性は納得いくまで満たしたくれないからセフレを作りたいという訳でセフレサイトに接続する人は沢山いる。
果たして、貞操の考え方はどうなったのだ。
すでにそれは昔の懐かしい世の中の遺産なのか。
と、悲観的になりますが、何を話しているの、セフレを探すのは、それから浮気をするのは男性だけの専売特許だと考えたら大変な思い違いよ。
と、おばさんやお姉様から反撃にあいそうで恐ろしい。
こうしたように、性ということについての感覚が変化しつつあることは良いことなのか、いけないことなのか知りませんが、このことだけは注意しておきたいものだ。
というのは、セフレの仲に関してはどんなことがあっても私的なことまで踏み込まないと言うことである。
いわんや、拘束することはどんなことがあっても回避しなくてはならない。
そのことを厳守しなければ正常な?セフレの仲は続けることができないことと思わなくてはならない。
時折恋人の女性と同様の感じで我が儘を言ったり、見下した様子で指図したりする男性がいるが(女性にも)、これなんかはどんなことがあっても止めなければならない。
こうしたことが嫌いだからセフレを差がしているのだと再度考えなければならない。

08. 12月 2013 by 中原 光輝
Categories: セフレサイト攻略法 | Leave a comment

パートナーの心理を操作する

男女が知り合えるネットサイトで出会ったパートナーをエッチ友達にしようと考えるなら、最初はパートナーのインフォメーションを全部紙にかいてデータベースを作成しましょう。
パートナーのインフォメーションの中でもタイプのものや好きなもの、内面、心配事、考えていること、これから先についてなどです。
こういったインフォメーションはパートナーをエッチ友達にする際に非常に有効的です。
エッチ友達にして付き合いを続行していく中でこういったインフォメーションを活用すれば、パートナーの心理を操作することも可能です。
とりわけパートナーの心理が弱くなっている時がいい時期かもしれませんね。
集めた情報を元にどのようにしたらエッチまでいけるのか方法を練ります。
初めはだめでも仕方ありません。
情報が集まっていくので、やり方を考えて行けばそのうちスムーズにうまくいく可能性はアップしていきます。
この辺が数打てばあたるとガンガン押して行く方法との決定的に異なる部分です。
加えてこのやり方は何人かのエッチ友達を扱うのに便利です。
人が覚えていられることにはリミットがあるので、何人かの女性のことを全部把握しておくのは非常に困難です。
データベースで扱っておけば何人かの女性を一緒に落とすのに効果的です。
パートナーに対面する前に少し情報を確認するだけで相当異なります。
また情報の兆候から規則を探して違う女の子に使ってみるなんてテクニックもありですよね。

07. 12月 2013 by 中原 光輝
Categories: セフレサイト攻略法 | Leave a comment

相手を誘うコツ

一線を引いたエッチが可能なパートナーを求める、いってみればエッチ友達を希望する付き合いで、異性が交流できるネットサイトを訪問する。
これが本音のところではないでしょうか。
そして自分を偽ってエッチなんて全然したくないような感じにみせて、とにかく文章やり取りをするのです。
そしてタイミングをみてダイレクトに対面してくださいと誘いをかけるのです。
パートナーから連絡がきて問題なければ実際に対面する準備です。
一般的な展開としてはカフェにいってご飯を食べて、お酒を飲んでそこからホテルにいくかさよならするかです。
その流れを踏まえて店舗やホテルを前もって調べておいて、ケースによっては予約しておけばいいのです。
さて、予定通りに物事が進み、始めの希望であったホテルにいくことも受け入れてくれて、やっとエッチできたのです。
ここまでは男女が交流するネットサイトで出会った二人の典型的なケースです。
ポイントになるのはこれ以降で、帰宅したくないしもっと二人でいたいという空気があれば本命付き合いへ発展することは確実でしょう。
反対に、それではさよならと振り返ってくれることもなく帰宅されるようであれば、本命への確立はあまり望めませんね。
可能ならエッチ友達としての付き合いでいこうという見極めをすればいいのです。
もっとも、エッチがしたけど何の気持ちもなければもう二度と会わなくてもいいのです。
今回の場合は、希望していたエッチが現実になったことと、未来の本命候補ができたということで、これこそ二つのものを同時にえたというかなりラッキーな話ですよね。
こういったことができるのも異性と知り合うネットサイトならではのことなのです。

06. 12月 2013 by 中原 光輝
Categories: セフレサイト攻略法 | Leave a comment

馴れ合いが嫌い

「セフレ」というと、なぜか恋人の女性の「下位」のような雰囲気で、地位的に下位のような印象がありますが、自分はそれほど結婚志望もないので、特にこれで構わないかな、と考えているのですよね。
私が心惹かれると感じた人と交際して、これがセフレとかであったとしても、このひとときひとときが、幸福だとか、心地よいとか、こうした具合に感じられたら、特に構わないかな、と考えています。
ですから特に、自分はこうした仲になっていることに劣等感を持ってもいないし、「なぜ恋人にならないの?」と言われても、「なぜ恋人にならないとダメなの?」と返事しています。
なんとなく、恋人同士の仲って、馴れ合いというか、世の中から望まれているから交際しています、のような雰囲気がして嫌いなんですよね。
より気ままに、欲求の命ずるままに交際しても構わないと考えるんだけどなあ。
しかし、少し私でもよく理解できないのは、セフレの少年が別の女性といると、やはり少しムカッとしてしまうのですよね。
自分って、嫉妬深いのかしら。

04. 12月 2013 by 中原 光輝
Categories: セフレサイト情報 | Leave a comment

← Older posts